dentsu japan network

電通ジャパンネットワーク
が誕生しました

現在126社*になる国内事業グループは、
個々の企業が持つ個性と能⼒が
瞬時かつ⾃在に結びつき、
あらゆる課題に対して
最適なチームで対応できるよう、
フラットなネットワークとなります。
*2020年1月1日現在

WHAT

ビジネスプロデューシング
ネットワーク

どの現場にも
イノベーションの芽は転がっている。
全ての現場から⽣まれてくる
新たな視点に
次の可能性を⾒出し、
育て、⼤きなビジネスにしていく。

電通ジャパンネットワークの
ビジネスプロデュース構造
seeding

複数の業界を同時に⾒ていることの強みをもとに、
新たなビジネスの種、変⾰のためのトリガーを発⾒する。

storytelling

種が持つポテンシャルを
最⼤化するためのアイデアを真ん中に置き、
新しいビジネスの⽂脈を作る。

synergy building

実現のために必要なネットワーク内外の
あらゆるパートナーを巻き込み、
それぞれが新たな視座を得るwinwinの状況を作り、
全体の動きを⼤きくする。

HOW

成⻑型マーケティングDX
を標準装備

事業会社間の連携をもとに、
プロセスにアイディエーションと
デジタルトランスフォーメーションを。
電通ジャパンネットワークの
ビジネスプロデュースの
全てのプロセスは
中⻑期のビジネス成⻑のためのものであり、
その仕組みづくりから⾏う。

電通ジャパンネットワークの
成⻑型マーケティングDX
data & analytics

サプライサイドから考えるのではなく、
「⼈間が動く」ことを起点に全てを設計。
データをもとにしつつ、
インサイトを抽出し設計図を描く。

digital platform

データを次の⼀⼿に転換するための
プラットフォームを作り、
「⼈間が動く」ことをもとにした意思決定を
サポートする環境から整える。

digital experience

⼈間の気持ちを変え、
「動く」ことを作るための体験設計は、
コンテンツの持つ⼒が差異をもたらす。
同質化が増す環境において、
決定的な違いを⽣み出す。

WHY

⽇本の持つイノベーションの
ポテンシャルを最⼤化する

⽇本全国に存在する
様々な商品・サービス、
そしてそのもととなる技術に対し、
常に異なる視点を掛け合わせることで
価値を再編集し、
本来のポテンシャルを
発揮できる状態を作る。
そのポテンシャルにふさわしい
ビジネスの枠組みを設定し、
中⻑期的視点での成⻑のために
伴⾛するパートナーとなる。

Our Network

電通ジャパンネットワークは、
純粋持株会社(株式会社電通グループ)の
社内カンパニーであり、
日本国内に展開する事業会社
126社を支援しています。
また、電通ジャパンネットワークは、
その126社で構成される
ネットワークそのものを指します。

純粋持株会社
株式会社電通グループ

〒105-7050 東京都港区東新橋1-8-1
TEL 03-6217-6600(代表)

50音別でソート
PAGETOP